雪女ですがクラスのイケメン妖狐の癒し係になりました

ファンタジー

小花はな/著
雪女ですがクラスのイケメン妖狐の癒し係になりました
作品番号
1720594
最終更新
2024/04/17
総文字数
465,085
ページ数
523ページ
ステータス
未完結
PV数
15,031
いいね数
29
ランクイン履歴

ファンタジー8位(2024/04/14)

ランクイン履歴

ファンタジー8位(2024/04/14)


「今のって妖力だよね? 
もしかして雪守さんって……妖怪?」


「~~~~っ!!」


私が雪女の半妖ってことは絶対に誰にも秘密なのに、
どうしてこうなった……っ!?



*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*


雪女の半妖なのは絶対秘密!な生徒会副会長
 雪守まふゆ(ゆきもり まふゆ)

 ×

超名門妖狐一族の次期当主であり生徒会長
 九条神琴(くじょう みこと)


*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*



「――どう? いい交換条件でしょう?」


「了解。契約成立、だね」


互いの秘密を知った日から始まった、契約関係。


最初は嫌で嫌で仕方なかったのに……。


「どこにもいなくなったりしないで! 
私、九条くんのことなんにも知らないけど、
ずっと一緒にいたいよっ!!」


「うん。俺も、まふゆとずっと一緒にいたい」


二人の心は少しずつ。


けれど確実に近づいていく――。



* * *



雪女の半妖な主人公と九尾の妖狐系イケメンが、
生徒会の仲間たちを巻き込みながらわちゃわちゃする、
妖怪学園ラブコメです。全三章。
ちょっとシリアスもありつつ、最後はハッピーエンド。
小説家になろうでも掲載しております。


あらすじ
 人間と妖怪が共存する世界。珍しい雪女の半妖であることを隠して、雪守まふゆは学業に生徒会にと忙しくも楽しい毎日を送っていた。
 しかしある日、その秘密が生徒会長で超名門妖狐一族の次期当主である九条神琴にバレてしまう!しかも同時に彼の抱えていた秘密をまふゆも知ってしまい、二人は互いの秘密を守る為にある契約を結ぶことになる。
 その契約というのが、まふゆが彼の癒し係になるということで――?

目次

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:3

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop