神獣の花嫁~かの者に捧ぐ~

ファンタジー

一茅苑呼/著
神獣の花嫁~かの者に捧ぐ~
作品番号
1515643
最終更新
2024/04/13
総文字数
367,061
ページ数
439ページ
ステータス
未完結
PV数
93,471
いいね数
35
素肌を伝う舌。触れる唇と吐息。

「お前を癒やせるのは私しかいない」

美しき獣が放つ低い声音。

「赦せ……」

乞う必要のない赦し。
受けるは、穢れなき、この身──
──だから、私が選ばれた?

*  *  *

表紙絵は黒冴様https://estar.jp/users/106303235
に描いていただきました!




※この作品は、エブリスタ、小説家になろうにも掲載しています。
あらすじ
29歳の誕生日前日。仕事は解雇され、独身仲間の友人に先を越され、家族にも見放され、彼氏(未満)とも音信不通。

そんな咲耶(主人公)が中世の日本によく似た異世界に『神獣の花嫁』として召喚されるところから、この物語は始まります。

不可思議な生き物と不可思議な力をもつモノたちがいる世界。

なかでも、神獣の化身であるハクコ(仮名)という美青年との出逢いが、彼女の運命を否応なしに変えていくことに──。

目次

この作品のひとこと感想

すべての感想数:6

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop