ケータイ小説 野いちご

2度目の人生で世界を救おうとする話。後編

作品番号
1668877

最終更新日
2022/12/1

2度目の人生で世界を救おうとする話。後編

朝比奈未涼/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
23ページ
PV数/848・総文字数/16,542







『もう逃げるしか打つ手がないのかもしれません』




散々だった人生を終えて始めた2度目の人生。
姫巫女が現れ、どんなに足掻いても独りになっていく私に神様はそう言った。

だから私は全てを捨てて逃げようとした。
もうそれしか世界を、自分自身を守る術がなかったから。



●○●○●○●○●○●○●



姫巫女。
それは200年に1度、解かれる妖、大厄災の封印を再度施すことができる唯一の者。

姫巫女が持つ能力は封印のみ。大厄災復活を望む妖たちから命を常に狙われる姫巫女には護衛として優秀な能力者がつくことになっていた。


優秀な能力者として能力者の男子校に女であるが男装してまで通っている主人公、葉月紅ーハヅキコウー(17)。
滅んでしまった世界を救って欲しいという神様の願いにより、2度目の人生を送り始めて1年。
少しずつ変えてきた世界が大きく変わり、1度目と同じように滅びのシナリオが始まってしまう。


この世界を、シナリオを歪ませているのは誰なのか。
誰が紅と同じように2度目の人生を歩んでいるのか。


全ての謎が解けた時、世界は本当に救われるのか。




●○●○●○●○●○●○●




これは神様によって2度目の人生を歩み、世界を救おうとする主人公、紅とそんな紅を取り巻く不穏な世界のお話。



2022.5.21〜


趣味全開でぶっ飛んでいますがどうぞよろしくお願いします!