ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

先生と教官室2〜新しい道〜

作品番号
677386

最終更新日
2016/6/27

先生と教官室2〜新しい道〜

伊菜/著 ジャンル/恋愛(その他)
379ページ
PV数/2,038,189・総文字数/138,270


「んっ…やっぱり無理…苦い。」




「じゃぁ俺が飲ませてやる。」




「えっっ!!ちょっ先生!!」




「バカ、大人しくしろ。」




「ーっっ!!!!!!」



そう言って私を抱きしめてくる


先生の身体からコーヒーの匂い


がして思わずキュンッとする。



「せ…んせ…。」




「……なんだ?」




そして、抱きしめられた後の


キスからはフワリとコーヒー


の苦味がして、いつも私を


大人の気分にさせてしまう。




もう何度私と先生はこの教官室で


抱きしめあいキスをしたのだろう。




この、大好きな教官室で



大好きな私だけの先生と……





『先生と教官室』の続編です。

『先生と教官室3~沢山の初めて~』

『先生と執事』

こちらも宜しくお願い致します!!



小説を読む