ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

剣城くんは押し強い

作品番号
1664553

最終更新日
2022/8/18

剣城くんは押し強い

浜橋りく/著 ジャンル/恋愛(学園)
232ページ
PV数/641,600・総文字数/110,226







「盾石、俺と付き合って」



ある日突然
剣城くんに告白された…!

さて、どうする?

▶︎こうげき
 ぼうぎょ
 にげる


私は"にげる"を選択した。


「逃がすわけねえじゃん」


逃げられなかった…!!





盾石 柚奈
(たていし ゆずな)

×

剣城 絢人
(つるぎ あやと)





「ゆーずちゃんっ」

「…何ですか?」

「好き♡」


1HIT!


「好きだよ」


2HIT!


「好きすぎておかしくなりそう」


10HIT!



「ね、イチャイチャしよ」

「しない!絶対しない!!」

「おっけー、とりあえず服脱ごっか」

「話聞いてた!?」



剣城くんが迫ってきた!!

さて、どうする?

▶︎にげる
 にげる
 にげる


「はーい、つかまえた〜」


逃げられない!!



「そんな顔すんなよ、押し倒したくなるじゃん」



剣城くんの押しが強すぎて、


「盾石のえっち」


私の盾じゃ防ぎきれない!(泣)



2022.4.8 start
2022.8.11 end



〜剣と盾の恋の攻防戦スタート!〜


小説を読む