ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

鴉と白骨は、寂しがり屋の魔女に恋をする

作品番号
1585170

最終更新日
2020/2/11

鴉と白骨は、寂しがり屋の魔女に恋をする

蝶野ともえ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
173ページ
PV数/16,660・総文字数/106,322

空澄(あすみ)と璃真(あきさね)は幼馴染みであり、とある事情で学生の頃から一緒の家に2人きりで住んでいた。璃真は空澄に好意を持っており、告白をされる……が、次の日に白骨となって発見される。しかも、その白骨は数年前の学生時代のもので………。


たった1人の家族同然だった幼馴染みの不可解な死で悲しむ空澄を助けたのは、黒ずくめの不思議な青年希海(きうな)だった。そんな彼に、突然結婚を迫られてしまう。その理由が「純血の魔女だから」だった。

普通のOLだった空澄が魔女として覚醒する時、未来が動き始める。
そして、知らなかった璃真と希海の過去を知り空澄は魔女となり、そして恋を知っていく。


寂しがり屋な空澄と世間知らず不思議な甘えたな希海との奇妙な関係が始まる。



花里空澄(はなざと あすみ) 28歳 普通のOLだったが、自分が魔女の純血を受け継ぐ希少な一家の跡取りだと、この歳になってから知る。寂しがり屋で、一人になる事を嫌う。

黒鍵希海(くろかぎ きうな) 30歳 空澄を助け、結婚を求める不思議な男性。ストレートな性格で、甘えたな一面もある。

 



小説を読む