ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

歴史の星空に飛び込んで

作品番号
480149

最終更新日
2012/10/2

歴史の星空に飛び込んで

茅乃/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
565ページ
PV数/3,788,039・総文字数/202,196



私は普通の女子高生で

普通に平凡に暮らしてて

まさか歴史に飛び込むなんて

誰が想像出来ますか!!


「しょうがないから近くにおいてやろう。
いいだろ?幾松」

「桂先生がそう言わはんねやったら
うちはかましまへん」



長州の桂小五郎さんにお世話になることになって?


「新撰組だ。御用改めである」


新撰組に捕まって


歴史に名を馳せる彼らの側にいることになった。


「君が助けてと言ったから、
私は君を全力で守ります」



***


普通女子高生×新撰組一番組長


歴史はまだ動き出したばかり








小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)