ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

猫系男子は時々ライオン

作品番号
1096602

最終更新日
2014/12/31

猫系男子は時々ライオン

ゆう空/著 ジャンル/恋愛(学園)
376ページ
PV数/3,342,226・総文字数/173,576




恋愛経験ナシ。
テンションの高さが
あたしの取り柄。

そんなあたしが恋したのは………


無愛想な猫系男子。



▽⁑°⁑▽⁑°⁑▽⁑°⁑▽⁑°⁑▽


小宮 羽珠
[コミヤ ウミ]
自慢はテンションの高さ。
明るく元気な女子。


×


神木 碧依
[カミキ アオイ]
無愛想でクール。
典型的な猫系男子。



▽⁑°⁑▽⁑°⁑▽⁑°⁑▽⁑°⁑▽



「碧依くん!!好き〜!」

「うるさいよ。小宮」


何度好きと伝えても
振り向いてくれなくて。


「今日の碧依くんも
パーフェクトカッコイイ」

「それはどうも」


いつもクールで冷たく
あしらうくせに………


「どうかな?今日の髪型!」

「可愛いと思う。
羽珠に似合ってる」

「へっ…!?」


甘くイタズラに惑わす。


「知ってた?
ライオンもネコ科なんだよ」



猫、時々ライオンの君に
今日も“好き”が
溢れ出す。



▽⁑°⁑▽start…2014.08.24
▽⁑°⁑▽end…2014.12.31



小説を読む