野いちご

この作品のキーワード

社交界の毒婦とよばれる私~素敵な辺境伯令息に腕を折られたので、責任とってもらいます~

作品番号
1712225

最終更新日
2024/1/11

社交界の毒婦とよばれる私~素敵な辺境伯令息に腕を折られたので、責任とってもらいます~

来須みかん/著 ジャンル/ファンタジー
28ページ
PV数/117,095・総文字数/98,577

 私は昔から空気を読むのがうまかった。だから、悲劇のヒロインになりたい異母妹マリンの望み通り、悪役を演じている。そうしないと、マリンを溺愛している父に食事を抜かれてしまうから。
 今日のマリンのお目当ては、バルゴア辺境伯の令息リオだ。
 はいはい、私が頭からワインをぶっかけてあげるから、あなたたちはさっさとくっついてイチャイチャしなさいよ……と思っていたら、バルゴア令息に捕まれた私の手首がゴギッと鈍い音を出す。
 悲鳴をあげるバルゴア令息。
「叔父さん、叔母さん! や、やばい!」
「えっ何やらかしたのよ、リオ!?」
 そんな会話を聞いたのを最後に、あまりの痛みに私は気を失ってしまった。