魔女ごときが魔王様をダマせるはずがない

ファンタジー

山本 歩乃理/著
魔女ごときが魔王様をダマせるはずがない
作品番号
1716559
最終更新
2024/04/03
総文字数
89,650
ページ数
227ページ
ステータス
完結
PV数
180,149
いいね数
36
ランクイン履歴

ファンタジー3位(2024/04/11)

ランクイン履歴

ファンタジー3位(2024/04/11)

マルスドッテル王国ノールブルク領には
魔女だけが住む集落がある。

その集落に王命が下る。

『この集落から第一王女殿下に代わって
魔王に嫁ぐ者を出すこと』

第一王女に歳が近いイーダが選ばれてしまう。

『身代わりだとバレることなく、
王都で流行している病の特効薬を
魔王に作らせろ』

それができなければ集落を焼き払う
という脅し付きで
偽りの花嫁にされるイーダ。

魔王相手に無謀でしょー!

イーダの、集落の、王都の未来はどうなる?

────────────────────

2024.01.23 - 2024.04.03

ランキング最高順位

○ベリーズカフェ
ファンタジー(総合):4位
恋愛ファンタジー:4位

○野いちご
ファンタジー:3位

読んでくださった皆様、ありがとうございます!
あらすじ
流行り病の特効薬を手に入れるために、マルスドッテル王国の国王は魔王に頼ることを選択する。
魔王はその対価として、第一王女を自身に嫁がせるように要求してくる。
第一王女の身代わりとして嫁がされることになったのは、魔女のイーダ。
イーダは魔王に正体を隠したまま、特効薬を作ってもらうことはできるのか?

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

歩乃理さん、こんにちは。
いやー、面白かったです!!
久しぶりにワクワクするファンタジー読みました❣️

まっすぐなイーダもさることながら、魔王さまのなんとかわいいこと!キュート💓って言葉がピッタリ!なのに時々色っぽくてめっちゃタイプ😻💓

視点が変わるのも楽しかったですし、構成や設定、世界観もしっかりしていて物語の中に入り込んであっという間に読んでいました🤭

楽しい時間をありがとうございました😌

紀本明さん
2024/04/13 07:20

この作品のひとこと感想

すべての感想数:11

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop