ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

1人ぼっちと1匹オオカミ(下)

作品番号
1255404

最終更新日
2018/3/29

1人ぼっちと1匹オオカミ(下)

柊 琥珀/著 ジャンル/青春・友情
411ページ
PV数/862,194・総文字数/146,450

 密かにささやかれる情報屋の存在。
 その正体は、ほら、今あなたの隣を通った。


 ねぇ、他に何もいらないから、
私から家族を奪わないでください


「私はそんなすごい人じゃないですよ?」
晴野 蓬 haruno yomogi
高校1年生。とてもおとなしい女の子。いつも1人ぼっち。

×

「俺の欲しい情報はひとつだけだから」
神野 秋空 kamiya akira
 高校1年生。群れることを好まない1匹オオカミの少年。


 ねぇ、本当に必要なのは私?それとも…。


とうら様
レビューありがとうございます!!

*この作品はフィクションです。実際の人物、団体とは関係ありません。

*一部暴力、暴言等がありますが、それらを助長するものではありません。また、苦手な方はご注意ください。

*『1人ぼっちと1匹オオカミ(上)』の続きです。上をご覧になっていない方はそちらからご覧ください。


小説を読む