ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

揺れる水面 映る月影は何処から

作品番号
814481

最終更新日
2014/4/6

揺れる水面 映る月影は何処から

早種茅冬/著 ジャンル/歴史・時代
270ページ
PV数/1,932,782・総文字数/67,521

ゆらり、ゆらり――…。


静かに水面が揺れる。


映る月と影は風に吹かれて、その姿を霞ませた。


まるで、水の面に必要のない存在なのだと言うかのように――。


波紋に掻き消されてゆく…。


月も、その影も――。




Start 2012.10.30
End 2012.12.24


※新選組ものですが、史実とは異なります。
※時代表現が曖昧です。
※誤字脱字、駄文あります。
※所々時代無視します。
※批難・中傷は止めてください。
※作者は土方歳三が大好きな為、土方さん贔屓になりますので、悪しからず。


◇◆感想ノートThank you◆◇
沙陽里様、六月あずさ様、瑠鈴様


◆◇レビューThank you◇◆
六月あずさ様




新選組もの第4段!
今回は月と水面、存在理由がテーマのモノになっています!


小説を読む