ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

強くて美しくて優しすぎる君へ

作品番号
1557369

最終更新日
2019/9/1

強くて美しくて優しすぎる君へ

みるきー・ウェイ/著 ジャンル/恋愛(学園)
60ページ
PV数/1,235

猫みたい


気高くて、毛並みの整った、
ビー玉みたいな目をした血統書つきの猫


誰にも手が届かないけれど


誰の懐にもすんなりと入れてしまう




「あんなにかっこいいのに、
一匹狼なんだって」



狼?


猫だと思ったんだけどなあ




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

超美形 だけど 一匹狼

須貝隼人

sugai hayato

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


×


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

元人気者 → 無気力・無関心少女

高瀬愛珠

takase ashu

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇





何かの偶然か
運命的な必然か



あなたに出会って私の日常が変わって行く




“もう、これ以上私をかき乱さないで”




そう心が叫ぶ




“こんな感情なんて、いらない。私じゃない”



「それが普通なんだよ」



嘘だ



「もう、自分を責めないで。もっと自分を大切にして。お願いだからっ……」




そう言ってくれたのはあなたでしょ?


なのにどうして……



「俺は……俺は、壮介を……」





一度止まった運命の歯車が、

時を経て再び回り出す――――


隠された真実を、明かそうとするように……





この小説の宣伝エアラブ

小説を読む