ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

冬至りなば君遠からじ

作品番号
1513638

最終更新日
2019/9/29

冬至りなば君遠からじ

犬上義彦/著 ジャンル/恋愛(学園)
114ページ
PV数/15,757・総文字数/108,865

ぶつかった人の災いを取り除く身代わり幽霊。
それは昼間しか存在できず、夜になると姿が消える不思議な存在。
そして、その相手の災いが消えると、自分自身も消えてしまうはかない運命。
高校生の星朋樹は幼馴染みの柳ヶ瀬凛の災いを取り除くために現れた身代わり幽霊に恋をする。
昼間しか存在できない幽霊は、最も昼が短くなる冬至に消えてしまう。
運命に逆らうことはできず、彼は別れの痛みを経験する。
だがそれは希望への道しるべでもあった。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)