野いちご

この作品のキーワード

白い空をまた君と見たくて

作品番号
1711837

最終更新日
2024/2/26

白い空をまた君と見たくて

月野麗/著 ジャンル/青春・友情
67ページ
PV数/560・総文字数/12,851

それは、''いじめ''から始まった会話だった。
そしてそれは、影に染まって黒の中に独りぼっちだった私の、光になった。



「貴方なんかに私の気持ちはわからないわ...!」
「わかるなんて軽々しく言えねぇよ!友達も所詮他人なんだから!」





いじめ、それは、私をむしばんできたもの。

そして同時に、私を救ってくれたもの。




「ねーぇ、あの人から電話番号とって来てよぉ?アンタRINEやってないでしょ?」
「…それ、何のために必要ですか?ってか、スカート踏まないでください」



遠い記憶の中で
私をむしばんだ影と私の声がする。



「えー?あの人に告白して見事フラれてきてほしいだけよーぉ?」
邪気に歪んだ顔は、自分が一番でありたいという黒い心に染まっていた。


「あぁ、なんなら私に電話番号くれてもいいけどね!あはは!」
ひとしきり笑った彼女は、まぁ、と付け加える。

「断ったら、アンタが職場体験で見た地獄、アンタの先輩が見るんだけどさ!」




……断れるはずがなかった。
あんな地獄を、先輩が見る、なんて。

耐えられるはずが、なかった。


だってほんとに
地獄、だったから




「今思うと、職場体験先にベッドがあるっていうのもね…」
おもわず、つぶやいてしまった。


「…?ごめん聞き取れなかった、なんて?」
私の目の前にいた男子が、振り向かずに聞いてくる。

「ううん、独り言。気にしないでちょうだい」
忘れていた。彼は地獄耳だった。


本当に、職場体験のことは、今でも忘れられない、

でも、そんなことはもういい。
私が彼との関係を持てたから。


私は呼びかける。
「ねぇ、はるちゃんーーー」




渡海 遥(トカイ ハルカ)中学一年生・陸上部
×
月野 麗(ツキノ ウララ)中学一年生・文芸部


これは
私と彼の
本当にあった日々ーーー。



【作者より】
どうも、作者の月野麗です。

今回は、『とある中二女子の毎日』の二人を、違う視点から書きました!
一つで二度おいしい関係性、ということです(笑)
甘く堕ち続ける恋ではなく、爽やかな友情を味わって頂ければ幸いです。

※注意:実話が元ですが、実名は出していません。
また、自分の記憶を頼りにしていたり、説明を省くために、1割が創作されています。(9割エッセイ)

では、本編へ!
↓↓↓