ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

しあわせににおいがあったら、(掌編集)

作品番号
1668332

最終更新日
2022/5/16

しあわせににおいがあったら、(掌編集)

真崎優/著 ジャンル/恋愛(その他)
15ページ
PV数/731・総文字数/15,865


2019年までにツイッター上で公開した140字小説を、ジャンル別にまとめました。

ページ内に数個から十数個の物語があり、段落ごとに完結し、内容に繋がりはありません。



1、しあわせににおいがあったら、 (幸福な恋愛)
2、わたしはあの人の心が欲しい  (片想い)
3、私たちは別の道を進むんだよ  (失恋)
4、今から内緒の話をするから耳塞いで?
5、終日、きみに
6、きみが運命の相手だったら
7、虹の根っこには宝が埋まってるんだって
8、こんな夢を見た        (ホラー、不思議)
9、どれもこれも、大切だったんだ (人生、その他)



みなさまの心に響く言葉が、ひとつでもありますように。

あらすじ

わたしの恋には香りがある。恋をするたび香水を変えているからだ。その香りを嗅ぐといつだって、あの日の恋を思い出す。ここ数年香水を変えていないのは、わたしの隣にずっときみがいるからだ。願わくはこの香りが、人生の香りになりますように。


小説を読む