ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

それでも歯車は回っていく1                         〜ウェルティフル学園編〜

作品番号
1389187

最終更新日
2018/5/1

それでも歯車は回っていく1 〜ウェルティフル学園編〜

緋奈野-Hinano/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
346ページ
PV数/124,721・総文字数/125,080

「あなたは一人じゃない。」


ピンク色の髪の少女にそう言われたのは、
孤児院の目の前にある小さめの庭。


ピンク色の髪の少女は孤児院には合わないが
決して派手ではない上品な服を着ていた。


「どうして私なんかに
優しくしてくれるのですか?」


目に光がなかった水色の髪の少女は問(き)いた。


彼女は孤児院で暮らす孤児だ。


「その理由はまだ言えないけれど
いつかわかる日が来るわ。」


2歳年上のピンク色の少女は頭を撫でた。


「その日、いつきますか?」


前を見ようと、光に手を伸ばそうと聞いた。


「早く来て欲しいなら来年、貴方も来なさい。
そして、私のいるところまで来なさい。
やりたいことは、全て私が負担します。」


お金とか、将来とか、考える前に口を開いた。


「それはどこですか?」


縋るように聞いた水色の少女に
立ち上がって背を向け歩きながら言った。


「唯一我が国がその全額を負担
選りすぐりの教師を集め
階級関係なく入学できるようにした
最高にして最上の学習機構。


15歳の3月に試験を行い
合格すれば入学を認められる。


貴方も、再来月になれば
開催される試験を受けることができます。


しかし、その門は狭く、高く聳え立ち、
選ばれた者だけが入学できる実力主義の学園。


その名を





国立最上学習機構ウェルティフル学園」












*・゜゚・*:.。..。.:**:.。. .。.:*・゜゚・**・゜゚・*:.。..。.:*

ジャンル別最高ランキング23位!
読者の方、本棚に入れてくださった方
心の底からありがとうございます!!


何度も変更して本当に本当にすみません!!


この世の常識は、世界の長い説明です。
面倒な可能性大で、説明なしで読めると思う
ので飛ばしてGOすることを全力で推奨します。


小説を読む