雨音色

恋愛(その他)

kei.h/著
雨音色
作品番号
458579
最終更新
2014/06/08
総文字数
90,901
ページ数
183ページ
ステータス
完結
PV数
363,450
いいね数
9
いらっしゃいませ。


こちらは大正ロマンあふれる喫茶店エリーゼ。


本日はご来訪いただいたあなた様のために、


とっておきの恋愛小説をご用意いたしました。



新しい時代に生まれ変わりつつ、


古いものに囚われる、


そんな混沌の中で追い求める“恋”とは。


あぁ。
タイトルでございますか。

『雨音色』でございます。


――是非、ご一読を。



※※※※※※※※※




登場人物

藤木壮介(ふじき そうすけ)
帝国大学の助教授
とにかく貧乏。
髪はいつもボサボサ、服はボロボロ、
壊れた眼鏡をいつも愛用している。
性格は温厚で優しく真面目。
女性関係には疎い。


山内幸花(やまうち さちか)
日本の有数財閥、山内家の三女。
淑女からはだいぶかけ離れている、勝気な少女。


タマ
山内家の女中。
幸花の良き相談相手であり、母親役も務める。


牧宗一郎(まき そういちろう)
帝国大学教授。
藤木の師。


山内英雄(やまうちひでお)
山内家当主。
幸花の父。



※※※※※※※※※


時は大正時代。


帝国大学で刑法を教える貧乏助教授・藤木荘介は、


手違いで大財閥のご令嬢・山内幸花と見合いをすることに。


性格も地位も違う2人だが、


見合いは思わぬ方向へと進んでいく――。




※※※※※※※※※


レビュー、ありがとうございます。

chiiii様
櫻井千姫様
水野ユーリ様
うさのじゅん様



※※※※※※※※※

3月7日
ラストを加筆。


※※※※※※※※※

2014.5.2

加筆修正。

この作品のレビュー

★★★★★
2011/03/04 23:28
投稿者: うさのじゅん さん
ネタバレ
名作の予感

レビューを見る
★★★★★
2011/01/15 10:10
投稿者: 水野ユーリ さん
恋にかける情熱

大正時代を舞台にした、身分差の恋のお話です。 直向きで真っすぐな恋に共感しました。 温かく、切なく、読後感はとても爽やかです。 あらゆる世代の方が楽しめる作品だと思います。 大正時代にタイムスリップしたような気分を味わいつつ、 純粋に育まれる恋を堪能してみてください。 オススメです。

続きを見る
★★★★★
2010/10/20 00:04
投稿者: chiiii さん
ネタバレ
雨音色

レビューを見る

この作品の感想ノート

鈴音さん

書き込みありがとうございます!
左様ですか、興味を持っていただいて光栄です(^-^)

読まれたら感想を聞かせていただけると幸いです

kei.hさん
2011/07/14 19:15

初めまして!宣伝をみて惹かれてやってきました!大正ロマンとか明治大正時代の背景好きなので本棚入れさせていただきました☆
また、続きよんでいきます(^^)

2011/07/12 23:39

書き込みありがとうございます。

本作を読まれたのであれば感想をいただけると幸いです。

kei.hさん
2011/06/21 20:51

この作品のひとこと感想

すべての感想数:51

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop