ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年10月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • お昼休み
    • 校舎裏
    • 切ない【お題】

    「お、杏奈。」

    「兄さん。お待たせ!お昼食べた?」

    「いや、まだだけど?」

    「一緒に食べよう?」

    「ん。良いよ。」

    私の兄、川霧 悠太。私の好きな人...

    絶対に叶う事のない恋心。

    「お、美味い。また、上手くなった?」

    「エヘヘ。ありがとう。」

    そんな兄には、他校に彼女がいる。

    それを知った時に、

    「あぁ。そっかぁ」

    なんて開き直ってた。

    「あ、メールだ。」

    そう言って携帯を開く兄はどこか嬉しそうで、「あ、彼女か...」と思った。

    ニコニコした顔で楽しそうにメールを送る兄は幸せそうで...

    私なんかが好きになれない...

    さよなら。私の恋心...

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 飲み会
    • 頭ぽんぽん

    がやがやと騒がしい飲み会の場を誰にも気づかれないように抜け出し、外の空気を吸う。
    「ふう・・・・・・」
    今はサークルの飲み会の真っ最中なのだが、私はそれが苦手。
    お酒自体は好きだけど、先輩の飲み物がいつなくなるか目を離せないし、飲み過ぎて具合が悪くなった人がいたら看病しなきゃいけない。
    ゆっくりのんびり飲めない飲み会は、あまり好きじゃない。
    5分だけ、休憩。
    そう思っていたら、後ろから先輩の声がした。
    「やっぱりまお、ここにいた」
    振り向けば、朗らかに笑う先輩が。
    「先輩、どうして外に?」
    「まおが出てくの見えた気がして。まお、サークルの飲みの度に仕事ばっかで飲めてないよな」
    ごめんな、と先輩は私の頭を軽くなでた。
    顔が熱くなる。
    思わず俯くと、先輩はそれを知ってか知らずか私の顔をのぞき込む。
    「な、これから二人で飲み直さねえ?」
    先輩は悪戯顔で笑って、私の手を引いて夜の街へ駆け出した。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 切ない【お題】

    ・・・・・・なんでだよ。

    悔しくて、拳をぎゅっと握りしめる。

    俺の視界に映るのは、彼女と手をつないで帰る一人の男を寂しげに見つめるあいつの顔。

    辛いなら、見なきゃいいのに。

    目が離せないのか、ずっとその男の背中を見続けるあいつにイラッとして、いてもたってもいられなくて。

    後ろから、あいつの目を俺の手で塞いだ。

    「っ!?」

    「んな顔するくらいなら最初から見てんなよ」

    俺の存在にやっと気づいたらしく、突然目の前の女はあたふたし始めた。

    「な、なんであんたがここに、てか離しなさいよ」

    「無理」

    「はあ?」

    「お前が泣き止むまでは、離せない」

    「な、泣いてなんかっ」

    いっつも強がるこいつは、本当に可愛くない。

    少しくらい、俺にくらいは、弱さ見せたっていいのに。

    「お互い、不毛な恋してんなあ」

    聞こえないような声でそっと呟いて、涙が流れないように、俺は笑った。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「パパ」の作品一覧・人気順
キーワード パパ
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
151件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す