ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

もう、キスだけじゃ足んない。【続】むり、とまんない。

作品番号
1662682

最終更新日
2022/9/6

もう、キスだけじゃ足んない。【続】むり、とまんない。

干支 六夏/著 ジャンル/恋愛(学園)
211ページ
PV数/1,475,352・総文字数/140,710




心の声が聞こえる女子 × 心の声がうるさい男子


の関係が。


「形勢逆転ってことで、選んでくれる?」


「な、なにを……」


「俺にめちゃくちゃにされるか、
とろとろになるまで甘やかされるか」


「っ、バカ言わないで!」


拒否権は……。


「ないに決まってるだろ」

「反応しないで!」



なぜか逆転してしまったこの関係。

ふたりきりでも、そうでなくても。



「ぜんぶ聞こえてるよ。
腹筋やばいとか、キスするときの俺の色気がどうとか……」


「もっ、もう、やめてーーっ!!」



遥のいじわるがとまりません!!



*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜


心の声が聞こえなくなった彼女

橘 胡桃

×

心の声が聞こえるようになった彼氏

弓削 遥


*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜


「なにか心の中で言ってみて」

「りょーかい」


『……』


ほんっとになにも聞こえない……!!


「まじで形勢逆転だな。
とりあえず、我慢の限界だから口あけて」

「ちょっと黙って!?」


・* ✩ * ・* ✩ * ・*


普段はツンツンしてるのに。

一度深く口づけるだけで。


「もっ……はる、か」

「っ、かわいい」


目をとろんとさせて、甘い声を出すから。


「あー、もう無理」


好きとか愛してるとか。

そんなのぜんぶぐちゃぐちゃになって。


引きずられるままに。

どこまでもどこまでも胡桃に堕ちていく。



「もう、キスだけじゃ足んない」



すべてが、ほしい。



・* ✩ * ・* ✩ * ・*


「桃華、俺。
ずっと桃華のこと、」

「杏、あたしね……」


そしてふたりの関係にも変化が……?





2022.8.25発売

『ある日突然、イケメン幼なじみの甘々な心の声が聞こえるようになりました。』原題『むり、とまんない。』の続編になります◎


たくさんのリクエストをありがとうございました!


小説を読む