ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

呪いで猫にされた聖女ですが、やむなく雷帝の愛猫になっています

作品番号
1625429

最終更新日
2021/2/12

呪いで猫にされた聖女ですが、やむなく雷帝の愛猫になっています

小蔦あおい/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
103ページ
PV数/20,969・総文字数/55,996

聖女・シンシアは魔物討伐で救護役として活動している最中に魔物の呪いを受けて猫にされてしまう。力が使えるか試しに倒れている男に治癒の魔法を施したらなんと彼は雷帝・イザーク(※ただし猫アレルギー)だった。

イザークは猫に触れられると大喜びしてシンシアを宮殿へ連れ帰ってしまう。同時に宰相から聖女が失踪したこと知らされた彼は恐ろしい顔でこう言った。
「失踪した聖女を捕まえ、即刻俺の前に連れてくるんだ」
「今度は是非とも彼女を射止めてくださいね」

二人の会話を聞いたシンシアは見つかれば処刑されると勘違いしてしまって――!?

恋愛に疎い聖女と片思いと猫愛をこじらせた皇帝が結ばれるまでのすれ違い系ラブコメディ。

◇コミカライズ予定
魔法のiらんど小説&コミック大賞
コミックシナリオ大賞でファンタジー・歴史部門賞を受賞しました!
※コミカライズ連載が開始され次第、更新再開します。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)