契約彼氏とロボット彼女

恋愛(ラブコメ)

風音/著
契約彼氏とロボット彼女
作品番号
1689915
最終更新
2024/06/07
総文字数
110,188
ページ数
120ページ
ステータス
完結
PV数
31,044
いいね数
16


✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼

2023年 4月11日
野いちご編集部オススメ作品として
掲載していただきました😊

✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼••┈┈••✼





小さな籠の中の鳥は

生まれた瞬間から

籠の中の世界しか知りませんでした。




毎日与えられたものだけを頂いて

危険を伴うことなく

喜びも悲しみも

感情に強弱を覚えることはなく

自分でも気付かない間に

意思が挟まれない生活を余儀なくされていた。






しかし、そんなある日

小さな冒険心が生まれて

一瞬だけ外の世界に羽ばたいてみたら

自分の中の常識が非常識だという事に

気づいてしまいました。




だから

今日も小さな勇気と

大きな恋心を抱えて

あなたに会いに行きます。




毎日たったの三分間。

それは、臆病な殻を破る時間。






あなたとすれ違えば胸がときめき

あなたがいない日は悲しくなる。





籠の中の鳥として育てられてきた私に

残された時間は一ヶ月間。



…もう時間はありません。





だから

その一ヶ月間だけでもいいから

あなたの傍に居させて下さい。




一生に一度きりのお願いです。




100万円と引き換えに

私だけの契約彼氏になって下さい。






執筆開始 2023/2/8
完結 2023/3/25


※この物語はフィクションになります。
物語に登場する人物名、団体名、施設名は架空のものとなります。


あらすじ
財閥御令嬢の沙耶香は友人の提案で貧乏人で命の恩人 颯斗に100万円を差し出して一ヶ月間の恋人契約を結ぶ。同棲を始めるが、テレビは捨てられ、料理が出来ると言って任せてみたらデリバリーに頼み、アルバイトを始めたらミスしても謝らないなど、やる事なす事が破天荒だ。ひたすら身分を隠し続ける沙耶香だが父親と誓約書を交わして一ヶ月間自由を手に入れていた。迫り来る期限、崩壊していく心、募りゆく恋心に沙耶香は…。

目次

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

二人には結ばれてほしい…

nsさん
2023/03/24 16:04

どういうふうな展開なのか気になります!
更新頑張って下さい!

nsさん
2023/03/12 23:30

この作品のひとこと感想

すべての感想数:2

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop