ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

翼を広げて

作品番号
1444690

最終更新日
2019/8/6

翼を広げて

DreamBig/著 ジャンル/青春・友情
102ページ
PV数/1,487・総文字数/54,265

いつだったか君は言った。



みんなに合わせて笑うなんてバカだって。



みんなが楽しそうだから自分も楽しくなるんじゃない。




自分が楽しければそれでいい。




『俺のものは俺のもの。みんなのものも俺のもの。』





すごく自己中心で、わたしの存在をまるで否定するかのような言葉。







わたしには考えたことがなかったこと。




それを君は自信に満ちた笑顔で言ったんだ。








酷いと思った。


最低だと思った。





「俺の世界、見せてやろーか?」






だけどきっと…








たった一羽で、



広い天空を羽ばたく君が、



わたしはきっと、




羨ましかったんだ。






この小説の宣伝エアラブ

小説を読む