夜をすり抜けて (tomo4/著)レビュー

★★★★★

ネタバレ

夜をすり抜けて

中学生の真琴とトラック運転手の樹。

ひょんなことから突然はじまった、ふたりっきりの長いようで短い旅の物語。


読み始めてすぐに引き込まれ、出会ったばかりのふたりに不思議な絆が芽生えていく様子を、ただ夢中で追いかけていました。

お互いの心の傷をさらけ出したとき、恋や友情を超えた何かがふたりの間に生まれます。


ぜひご一読を。

木村 咲
(2011/10/04/02:37)