妖帝と結ぶは最愛の契り

ファンタジー

緋村燐/著
妖帝と結ぶは最愛の契り
作品番号
1708501
最終更新
2023/10/18
総文字数
83,410
ページ数
144ページ
ステータス
完結
PV数
254,262
いいね数
232
ランクイン履歴

総合87位(2023/10/26)

ファンタジー4位(2023/10/23)

ランクイン履歴

総合87位(2023/10/26)

ファンタジー4位(2023/10/23)

妖が統べる国・故妖国。
妖の影響なのか平民である人間にも稀に異能を持つ者が現れる。
予知の能力を持って生まれた美鶴は、気味が悪いと両親からも疎まれていた。

愛されることも諦めていた美鶴は、ある日自分の死を予知してしまう。
これも運命かと諦めていた美鶴を助けたのは運命すらもねじ伏せる妖の帝・弧月だった。

「その力、俺の妻として俺のために使え」

死の運命からすくい上げられ彼の唯一の妻となった美鶴。
一夜だけを供にし、その後は花を一輪贈られるだけの日々。
それでも今までにない穏やかな日々に美鶴の心は癒されていく。

そんなとき美鶴の妊娠が発覚し、弧月の寵愛は深まっていくのだった。


愛を忘れた娘が優しさに触れ愛を思い出す平安後宮懐妊シンデレラストーリー。

妻として、母として――娘は強くなる。

野いちご掲載 '23/10/07〜'23/10/19


ノベマ!様
エブリスタ様
カクヨム様
魔法のiらんど様
にも掲載しています。

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品のひとこと感想

すべての感想数:48

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop