ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

夜が明けぬなら、いっそ。

作品番号
1653013

最終更新日
2022/11/13

夜が明けぬなら、いっそ。

◇理人◆/著 ジャンル/歴史・時代
210ページ
PV数/49,132・総文字数/101,657





その花言葉は───…報われない恋。



『雪…、そうだ!小雪!
お前は今日から小雪にしよう!』



屈託なく笑って、無邪気に見つめて、

優しい顔をして。


私に名前を付けてくれたのは、
仇である男だった───。









夜が明けぬなら、いっそ。



『お前に殺されるなら、いいよ』



“このまま全て隠してくれればいいのに”



※流血表現、残酷描写あります。
友情出演:新撰組の皆さん