ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

勝手に決められた許婚なのに、なぜか溺愛されています。
書籍化作品

作品番号
1618254

最終更新日
2020/10/26

勝手に決められた許婚なのに、なぜか溺愛されています。

碧井こなつ/著 ジャンル/恋愛(ラブコメ)
250ページ
PV数/4,835,327・総文字数/0

とびきりに端正な顔立ちの


九条千里(くじょうせんり)さんは、


22歳の大学院生。




すらっと背が高くて、


さわやかで透明感にあふれていて、


高校生の私とは住む世界の違う


キラキラ輝く大人の男の人。





「それならキスでもしてみるか?」



「特訓するんだろ?」



「他の男にしっぽ振るとかダメだよな」




さわやかな見た目とは裏腹に、


ちょっと意地悪で


『許嫁』の私のことを、



愛犬『コタロウ』程度にしか


思っていない九条さん。




でも、ふわりと笑う九条さんは、


すごく甘くて、


優しくて……




西園寺彩梅(さいおんじ あやめ)


17歳の高校3年生。




手の届かない『許嫁』の九条さんに、


見込こみのない片想い


はじめました













※ピンクレーベルから
書籍化していただけることになり


甘さを盛りなおし、
テンションをラブコメ調に書き直しました。


読者の皆様、
本当にありがとうございます……☆彡


好評発売中

あらすじを見る
高3の彩梅は、箱入りの超お嬢様。ワケありで姉のふりをして、有名大学に通う超イケメン御曹司・千里とお見合いすることに⁉千里は素直で可愛い彩梅をすぐに気に入るが、女子高生であることを知って驚く。ウブすぎる彩梅を心配し「悪い男に騙されないように特訓してやる」と甘く迫ってきて…⁉子ども扱いするくせに、キスするふりをしてきたり、「俺だって、そんなに大人じゃない」と余裕のない表情を見せる千里に、彩梅はドキドキMAX!書籍限定番外編つき♡

小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)