ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

16歳、きみと一生に一度の恋をする。
書籍化作品

作品番号
1593505

最終更新日
2020/6/15

16歳、きみと一生に一度の恋をする。

永良サチ/著 ジャンル/恋愛(純愛)
190ページ
PV数/380,387・総文字数/105,378




きみと

恨み合って、怒鳴り合って
泣き合って、言い合った。


それでも

探り合って、歩み合って
許し合って、抱き合った。



私たちの恋は

きっと一番近くて遠い場所にある。




\2020・6月25日・書籍発売/


こちらは改稿前です。
書籍の際は修正に加え、さらに大幅に加筆もしています。サイトには書かれていないエピソードがたくさんありますので、書籍版との違いもお楽しみいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!




好評発売中

あらすじを見る
高1の汐里は、父と離婚してから忙しく働いている母を支えるため、自分のことは後回しでバイトに明け暮れる日々を送っていた。そんなある日、汐里が仲良くなったのは、クールでみんなから距離を置かれているけれど、ひそかに女子の人気を集める同級生・晃。一匹狼に見えて本当は優しい晃は、汐里の健気さに惹かれていく。彼は、辛いことがあると爪を噛む汐里の親指に「絆創膏がわり」と言って、スマイルマークを描いてくれた。そんな彼を汐里も好きになるけれど、実は晃が、汐里の父の再婚相手の息子だとわかり…?一番近くて遠い場所にいる、汐里と晃。それでもずっと一緒にいたいと願い、運命に立ち向かうふたりの姿に、温かい涙があふれる感動の恋愛小説!!

小説を読む