ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

月夜に花が咲く頃に

作品番号
1570273

最終更新日
2019/10/23

月夜に花が咲く頃に

あおつき なつ/著 ジャンル/恋愛(その他)
110ページ
PV数/2,560

「私は誰も頼らない」


――――そう言ったお前の目は、迷いがなくて、澄んでいて。けどどこか、消えてしまいそうなほどに不確かだった。


「俺はお前を逃がさねえ」


――――そう言ったあんたの瞳は、鋭くて、心を見透かされているようで。でもどこか、不安そうに揺れていた。


たとえ神様なんていなくても。


奇跡など、起こらなくても。


きっと必然だった。


これは、出会いの物語――――――――・・・・・・・・・・・・














※多少過激な表現、または人によっては過激だと思う表現が含まれています。苦手な方はリターンしてください。

あらすじ

闇の始末屋、通称"ヨル"はある一人の男を探すため今日も夜の街を駆け回る。
そんなヨルの前に突然現れたのは、夜を制する暴走族、"暁"の12代目総長、鬼神紅雅だった。


小説を読む