ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

葵くん、そんなにドキドキさせないで。
書籍化作品

作品番号
1467872

最終更新日
2018/6/25

葵くん、そんなにドキドキさせないで。

Ena./著 ジャンル/恋愛(純愛)
351ページ
PV数/8,320,555・総文字数/112,765


「ねぇ田中さん、俺の彼女にならない?」




突然私にこんなことを言ったのは

みんなに笑顔を振りまく王子様でした。




*
*
*



「かっ、彼女って…」


「知ってる通り、友達以上の関係。」


「………えぇっ!!?」



「ただし、3ヶ月限定ね」






お人好しネガティブガール

×

いつもスマイル腹黒王子様






「田中さんに、ちょっと協力してほしいんだ」


「協力…?」


「キーキー騒ぐ女共をどうにかしたくてさ」




爽やかに笑ってるけど

目が笑ってないですよ、王子様…!?



*
*
*





「…田中さんは俺のものだって印、つけてあげようか?」


「困った顔されると興奮するタイプなんだよね、俺」



「バカ…煽んな」






3ヶ月限定のこの関係。


王子様に恋愛感情なんかないに決まってる
…のに。






「ねぇ、どうしてそんなに顔が赤いの?」


「…っ、」






お願いだから、王子様

そんなにドキドキさせないで。





【 葵 く ん 、 そ ん な に ド キ ド キ せ な い で 。 】






「…なぁ、言えよ。


俺のことが好きだって。」




王子様は、ニヤリと笑って囁いた





special thanks

星野 きい様
YUNEX様



*文庫化にあたり、タイトル変更致しました!
旧タイトル→君と私のレンアイ契約



好評発売中

あらすじを見る
お人好しでちょっとネガティブな高2の華子。ある日校内の王子様的存在である葵に、“女避け”という理由で3ヶ月限定の彼女役を命じられてしまう。葵の笑顔の裏には、ちょっと腹黒くて意地悪な一面が隠されていた!始めは振り回されていた華子だけど、なんだかんだ優しい葵に惹かれていく。ところが葵から突然「終わりにしよう」と言われてしまい…?腹黒王子と地味子の恋に胸きゅん!!

小説を読む