ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年12月10日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 登校中
    • 頭ぽんぽん

    「りーくと‼」

    「うわっ‼って、お前か…」

    「うわっ‼って…ちょっとひどくない?」

    「ごめんごめん、おはよ。」

    あやまってくれるからゆるすけど…やっぱ、陸都かっこいい!

    「うん!おはよう!」

    「お前、悩み事とかねーの?」

    「え?ないよ?」

    「ふーん、(気のせいか?」

    うわー…バレたかと思った!陸都は好きな人居るって言ってたから絶対教えない!

    「なんかあったら言えよな(つーか、気付けよ…俺結構アプローチしてるつもりなんだけどな…」

    ーポンポン

    「!!?こ…子供じゃないんだから!子供扱いしないで!」

    ちょっと…今絶対顔赤い////

    「はいはい。(顔真っ赤じゃん」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 授業中
    • 保健室
    • 抱き締める

    体育の途中、私は貧血で倒れた。目が覚めるとジャージ姿の彼氏がいた。

    「やっと目覚めたか。心配したぞ?急に倒れて」

    「まだ起き上がるな!ほら、ちゃんと寝てろ!ったく、この前も貧血になったよな?あれだけ気をつけろって言ったじゃねーか」

    「お前は貧血になりやすいんだから...。ちゃんと薬飲んだか?絶対飲んでないだろ?」

    「...やっぱり!あーもう、起き上がるなって!
    今から薬飲む?飲むのはいいけど状態で飲めるの?」

    「おい、歩くなって!!...あっ!おい!危っね!
    大丈夫か?急に歩くからだぞ」

    「まだフラフラするか?おさまるまでこうやって、抱き締めててやるから。早く元気になってくれよ?」

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 7人の幼馴染と私
    • 屋上
    • 後ろからギュッ

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「別人」の作品一覧・人気順
キーワード 別人
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
11件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す