ケータイ小説 野いちご

君が泣いたら、俺が守ってあげるから。



うちの家族になったときは赤ちゃんだったマロも、今では立派な成犬。

でも、小さくてふわふわしてて可愛いのはあの頃のまんま。


マロをギュッと抱き締めてよぎるのは、お兄ちゃんのこと。

……マロは、一番お兄ちゃんに懐いていたから。


こんなとき、お兄ちゃんならなんて言ったかな……。


きっと、あたしの恋を応援してくれてたよね……?



「お姉ちゃん、美紗にはずっと笑顔でいて欲しいな……」



意味深な言葉を残して、お姉ちゃんは部屋を出て行った。



……なんだか、変だったな。


あたしはずっと笑顔でいるのに。

みんなが居てくれるから。

……蒼くんが居てくれるから。


この恋で、たとえあたしが傷ついたって構わない。


自らこの想いを手放す方が苦しいに決まってる。


お姉ちゃんの言葉の真意が分からないあたしは、このとき、本気でそう思っていた。

< 133/ 473 >