ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

先生、私がヤリました。

作品番号
1668523

最終更新日
2022/7/3

先生、私がヤリました。

たね/著 ジャンル/ミステリー・サスペンス
165ページ
PV数/1,142・総文字数/86,548

※ストーリー上、暴力的な表現、殺人、老若男女問わずに対する非道徳的言動、グロテスクな表現が含まれるシーンがございます。
不快に思われる可能性がありますので、苦手な方は閲覧しないことをおすすめ致します。

完全にフィクションであり、実在する人物・事件・宗教などには一切関係ありません。


ーーー

愛している以外の理由って必要ですか?
先生の中に深く刻まれるなら、私なんだってヤリますよ。

あらすじ

六月。
閑静な住宅地で一件の誘拐事件が発生した。
静かだが特別古いというわけでもない、ありふれた街並み。

被害者は四歳男児。
加害者は高校一年生、まだその年の誕生日を迎えていない十五歳の少女だった。

約半年間に渡る、平凡な街に突如起こった悲劇。
少女は何故、事件を犯したのか。

男児救出までの闇に包まれた半年間。
少女が笑顔で語ったことは…。

「先生、私がヤリました。」


小説を読む