ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

ゆっくり、話そうか。

作品番号
1665270

最終更新日
2022/5/17

ゆっくり、話そうか。

えってん。/著 ジャンル/恋愛(学園)
210ページ
PV数/17,416・総文字数/135,614


    ・*:.。.・*:.。.・*:.。*.゚・:*•*¨*•.¸¸☆*・゚



  最悪な言葉が降ってきて
  



   最悪な失恋をした。



 大好きな人は、その日から大嫌いになるはず、



  

  だった。





 近づく距離が怖い。



 諦めたいのに諦めたくない。



 もっと、触れたい。  


 


 


   恋愛なんて信じられない。




 
   無くて言いと思ってた。




      なのに、





  いつも君は心を揺さぶる。



  近づけばどうするのだろうか。



  触れたらどうなるのだろうか。





  もっと、君に、触れたい





☆・゜・*:.。.*.。.:*・☆・゜・*:.。.:*・☆

あらすじ




暖かみの無い言葉で失恋した園村やよい。
しかし失恋した日、ひょんな事から失恋相手の日下部総司と一緒にスマホを探すことになった。
その日から何かと顔を合わせることが多くなり、二人の距離が少しずつ近づいていく。

想いを絶ちきりたいのに絶ちきれないやよいの葛藤。
フッたはずなのに、やよいへの興味が顔を覗かせる日下部総司。

「俺、恋愛なんてくだらないと思ってた。意味なんか無いって…」


小説を読む