ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

一途なイケメンくんととろけるくらいに甘いキスを

作品番号
1658927

最終更新日
2022/10/28

一途なイケメンくんととろけるくらいに甘いキスを

如月 いちは/著 ジャンル/恋愛(純愛)
207ページ
PV数/2,056,663・総文字数/92,933




「瑠莉に一目惚れしたんだよ……悪いかよ」




クラス替えをして隣の席になったのは────




金髪に近い明るい髪色

片耳には琥珀色のピアス

ほとんど笑顔なんて見せたことがなくてぶっきらぼう



そんな性格と見た目のせいで学校中のみんなから
“不良”と避けられている天地くんだった。




怖くて近づいてはいけない人だと思っていたのに



「なんかあったら連絡して。すぐ助けに行く」



噂や見た目とは違って、私にはすごく優しい


天地くんは私にとってヒーローのような人だった。





◇◆┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


《男性恐怖症の女の子》

相沢 瑠莉
-Aizawa Ruri-


×


《一途で不器用な不良イケメン》

天地 琥珀
-Amachi Kohaku-


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈◆◇





男の子が苦手だったはずなのに



「なぁ、そろそろ俺のこと好きになれよ」



なぜかドキドキが止まらない。



「もう、我慢できねーの」




𓏸𓈒 一途なイケメンくんととろけるくらいに甘いキスを 𓈒𓏸