ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

堅物女騎士はオネエな魔術師団長の専属騎士になりました。

作品番号
1640285

最終更新日
2021/7/27

堅物女騎士はオネエな魔術師団長の専属騎士になりました。

藤崎摩夜/著 ジャンル/ファンタジー・SF・冒険
57ページ
PV数/14,642・総文字数/40,221

騎士一筋、真面目で面白みのない女騎士が配属されたのは、
自分よりも女らしい言葉使いの、魔術師長の専属騎士だった。

「アタシ女にはキョーミないの。だから安心して」

……なんて言っていたにも関わらず。


「アンタは誰よりもカワイイわ。アタシが一番知ってる」

「どんな時でも、アタシはアナタを守ってあげる」

守るはずの立場から、いつの間にか守られる立場へと?

何かがおかしい。
師団長、女性に興味はないはずでは?



堅物女騎士とオネエ魔術師団長のラブコメディ





小説を読む