ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

キス、涙々。

作品番号
1619806

最終更新日
2021/8/30

キス、涙々。

花袋 一/著 ジャンル/恋愛(学園)
254ページ
PV数/635,043・総文字数/100,337



「は、ハギくん、近いって……!」

「あー可愛いね、ヤオ。ほんっと可愛い」



どうやら彼はわたしの泣き顔がお好きらしい。






.




泣き虫な風紀委員

八尾 ましろ
Yao Mashiro


×


泣き顔フェチの不良

萩 さくら
Hagi Sakura





.





服装違反の常習犯で、

かなりの特殊性癖の持ち主で、





「ヤオの嬉しそうな顔も、泣きそうな顔も。
見せる男は俺だけでいーよ。ね?」



……わたしにだけ、とびきり甘い。




ふわふわ、ゆらゆら
つかみどころのない雲のよう。


だからってちょっと油断してた。





「なあ、ましろ。
これだけ言っててもまだわからない?」




どうやら彼を本気にさせてしまったらしい。




乱れるのは風紀?


それとも──────





「し、指導するのはわたしだよっ……!」

「へえ。やれるもんならやってみろよ」








.
.




* キス、涙々(るいるい)。



2020.10.28 ~ 2021.8.30



小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)