ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

宇佐美くんの口封じ

作品番号
1599160

最終更新日
2021/1/1

宇佐美くんの口封じ

雨/著 ジャンル/恋愛(学園)
234ページ
PV数/2,189,346・総文字数/90,218







「ね、せんぱい。誰にも言わないでくれますか?」






私が捕まったのは、




甘いフェイスで、

肌が白くて、

高身長で、



良い匂いがする後輩くん。








「大人しそうな顔してイイ趣味してますね?」






◇◇◇



ずるくて可愛い後輩くん

宇佐美 依里 (うさみ より)



×



出来れば平和に暮らしたい

雨宮 雅 (あまみや みやび)



◇◇◇



"みんなの宇佐美くん"は、



誰にでも優しくて、


ギターが上手くて、



だけど裏では遊び人。












"私が知ってる宇佐美くん"は、





「ねぇ、せんぱいってバカなの?」



口が悪くて、






「…まじで、ほっとけない」


心配性で、








「あーあ、せんぱい」

「…っ、」

「​…これでせんぱいも共犯、ですね?」




甘くて、ずるい。












「…ね、これ、知ってるのせんぱいだけですよ」










宇佐美くんの口封じ


2020.4.22 start


あらすじ

遊び人の後輩くんに気に入られてしまいました。