ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

天国で君が笑ってる。

作品番号
1509038

最終更新日
2021/6/4

天国で君が笑ってる。

晴虹/著 ジャンル/恋愛(純愛)
91ページ
PV数/3,582・総文字数/63,514




青い空、白い雲。

砂はひどく乾いていて、汗が額を滑り落ちる。



──夏。



君はまるで

そこでしか生きられないかのように

マウンドの中心で光り輝く。



私のぶんと、君のぶん。

ふたつぶんの夢。



これは野球バカなあいつと

野球バカに恋をしてしまった私の

長い、長い


一生ぶんの……。






……あのね、これは秘密だけど、


君が立っている場所が

私の、世界の中心だった。



「俺、絶対に甲子園に行く」



……ごめん。

その日まで私、生きられないかもしれない。



「遥香!」



君の背中が遠くなる。

君は、私の、ヒーローだったよ?


さようなら。



表紙公開*2020年8月4日
更新終了*2020年X月X日



あらすじ

小学五年生の夏、双子の弟・蒼が所属する野球チームの試合を観戦にいった遥香は、クラスメイトである彼方のプレイを見て野球に興味を持ち、次第に自分も野球がしたいと思うようになる。彼方に背中を押されて始めた野球。いつかは甲子園に出たいと願うが「女の子は甲子園に出られない」と知り、悲しむ遥香に彼方が「俺が甲子園に行く」と宣言。そこからふたりの夢がはじまっていくが…?小・中・高と長年に渡るふたりの初恋。


小説を読む(ページ送り)

小説を読む(スクロール)