私の気持ちと君の想い

恋愛(キケン・ダーク・不良)

天野沙愛/著
私の気持ちと君の想い
作品番号
1516063
最終更新
2018/10/19
総文字数
100,078
ページ数
225ページ
ステータス
完結
PV数
134,751
いいね数
15
ランクイン履歴

総合65位(2024/06/17)

恋愛(キケン・ダーク・不良)28位(2024/06/17)

ランクイン履歴

総合65位(2024/06/17)

恋愛(キケン・ダーク・不良)28位(2024/06/17)



『別れよっか』




泣きながら彼氏に私から告げた言葉。




私が泣いてるのにも関わらず

あっさりと別れた。




もう私の事を1ミリも見てないってわかった。




ずっと、泣くのを我慢していたけれど……。




『俺の前では無理すんな?』




無理していたことがクラスメイトとの

九条くんにバレて




泣かないって決めていたのに……




思わず泣いてしまった。




『俺は椿をこんなふうに泣かせたりしない』




失恋から始まる新たな物語。









-◌-◌-◌-◌-♡-◌-◌-◌-◌-

雨水 椿
Usui Tubaki




×




九条 晴翔
Kuzyou Haruto

-◌-◌-◌-◌-♡-◌-◌-◌-◌-




あらすじ
椿はある日、恋人だった和輝に突然別れを告げた。
それは、もう自分のことを見ていないと分かった上での別れだった。
あっさりと別れてしまった悲しさに思わず泣いてしまう椿。
そんな椿のところにクラスメイトの晴翔やって来て、泣いている所を見られてしまう。晴翔は椿に片思いをしていることを打ち明けた。失恋から始まった2人の恋の行方は──?親友の明莉との関係にも目が離せない!

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

晴翔との想いが通じ合えたような思いで読んでいました。晴翔の家に遊びに行ってからの感じだともう大丈夫っていうより家族の一員!?みたいなやりとりで気持ちが穏やかになりました。

2018/09/22 02:09

椿の気持ち、想いが明莉に通じて良かったですね。
あのままだったら永遠に心が離れたままになっているところでした。
椿の気持ちは晴翔に向いてはいますがまだ一抹の不安があるみたいだけど、晴翔なら大丈夫ですよね。

2018/09/22 00:06

傷心のまま雨の中へ宛てもなくさまよう椿。憔悴した椿を見つけたのは晴翔、晴翔の言葉に対して徐々に心の中にあったわだかまりが消えていく。椿の心は晴翔を受け入れられるかな。

2018/09/21 05:50

この作品のひとこと感想

すべての感想数:7

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop