ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】
    • 告白

    今日はクリスマス。女の子なら誰でも憧れる。大好きな人とイルミを見ること。
    けど私は______

    「……一緒に、見たかったな」

    私の幼馴染みの冬眞はバスケ部の人気者。だから他の女の子に誘われてると思って誘わなかった。
    …ううん、違う。本当は私に勇気がなかっただけ。
    ふと、時計を見ると点灯2分前。

    _____あ、もう点灯するなぁ。楽しみ!
    一人でツリーを眺めてた私の腕が、急に後ろに引っ張られた。

    「麗奈!!」
    「…え、冬眞?」
    驚いて振り返ればそこに居たのは冬眞で。
    「え、どうしたの?汗だくで「麗奈」…なに?」
    「前見て」え?前?よく分からないけどとりあえず前を見た時、ツリーが点灯された。
    「………綺麗」
    ライトアップされたツリーは予想以上に綺麗で、冬眞と見れるなんて嬉しい!
    心の中でそう思ってたら耳元でそっと聞こえた、冬眞の声。



    「麗奈、好きだよ」


    ___私も好きだよ、冬眞

    開く閉じる

    • 後輩
    • クリスマス4【お題】

    「先輩、クリスマスプレゼント何がいいですか?」

    「く、クリスマスプレゼント…?」

    「ほんとはサプライズがよかったんですけど、喜んでもらえなかったらやだなぁって」

    ニコニコ笑顔で言う白木くん

    白木くんから貰ったプレゼントならなんでも嬉しいのになぁ…なんて

    「んー…ないかな?」

    「え〜なんかあってくださいよー」

    「そんなこと言われても…」

    白木くんはないのかな?

    「じゃあ白木くんは何が欲しいの?」

    「先輩からのキスです」

    「き、き…!?」

    「いつも僕からじゃないですかー。だから、先輩からしてくれたら嬉しいなって」

    恥じらいもなく言ってくる白木くん

    「…っ」

    「ふっ、冗談ですよ」

    でもそうだよね…たまには私からしてみるのもいい…よね?

    「…?せんぱ…」

    チュッとリップ音が響く

    「く、クリスマスプレゼント…」

    「っ…」

    白木くんの顔は、真っ赤に染っていた

    開く閉じる

    • 後輩
    • クリスマス4【お題】
    • 胸キュン

    6限目の終わりのチャイムが響く。
    僕は下駄箱の前である人を待ち伏せする。
    …今日こそは。
    「あれ?優君?」
    そう言って、ふわりと笑いかけるこの先輩。
    可愛い。
    「あの先輩!」
    「咲来~!」
    僕の声は悲しくも消された。
    「咲来、今日彼氏は?」
    え。
    「休み~!」
    「あ、優君なんか言った?」
    先輩、まさか。
    「咲来先輩、彼氏いるんですか?」
    「え…うん////」
    ぽっと赤く先輩の頬が染まる。
    「クリスマスなのに、インフルになっちゃって…」
    先輩は、寂しそうに遠くを見つめる。
    「優君は、どうしたの?」
    ふいに質問をされ、さっきまでの勢いは泡のように消える。
    「…今日、暇ですか?」
    「うん」
    じゃあ、というように僕は先輩の腕を引っ張った。

    「今日だけ、僕の彼女になってください。」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「裏切り」の作品一覧・人気順
キーワード 裏切り
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
2,174件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す