恋する想いを文字にのせて…

恋愛(ピュア)

森沢結羽/著
恋する想いを文字にのせて…
作品番号
1287502
最終更新
2019/07/08
総文字数
101,004
ページ数
179ページ
ステータス
完結
PV数
461,048
いいね数
2
本屋の新刊コーナーで

大好きだった漫画家の本を見つけたの


嬉しくて嬉しくて

早速帰って読んだ後


(ファンレターが書きたいな…)


でも……


(どこへ送ったらいい?)



分からないから、発行者へ向けてお礼を書いた



『大好きな漫画家さんの作品を
この世に戻してくれてありがとう』



返る予定もない一歩通行の便りだった筈なのに


全ては……


そこから始まってーーーー




〈切ない大人女子の恋物語〉


漫画と同じような恋に

あなたも憧れたことはありませんか?


このお話は、そんな主人公、来未(くるみ)の


後悔と希望が詰まっていますーーー




2016.1.17 ~ 2016.2.14


本棚インして下さった皆様

お付き合い頂きありがとうございました!

2月14日 完結致しました

お目を通して下さる皆様に

心よりお礼申し上げます

『ありがとうございます』


* 2019.7.2 〜 ベリーズカフェのオススメに選ばれました。
読んで下さる皆様、本当にありがとうございます。*

この作品のレビュー

この作品には、まだ投稿されていません。

この作品の感想ノート

こんにちは!
はじめまして…『恋する想いを…』を読んで即投稿してしまいました。
一通目から始まり文通が始まって、終わりはこうかな?って思いながら読み進めていくと予想とは全く違ったものでした。
あまりベリーズカフェさんにはあまり見ない内容で、でも自分にはすごく心に響く内容でした。
ステキな大人の恋のお話でした(47才のオバチャンですが…すみません😢)。
このあと引続き森沢様の作品を読む予定です😊

2019/09/24 16:32

 こんにちは。お久しぶりです。以前に『どこかにトモダチ転がってませんか?』でいろいろ話を聞いていただいたナキムシです。今は、名前を変えてしまいましたが……。
 高校3年生になり、野いちごを開く時間も取れていなかったのですが、今朝ふと思い立って開いてみたところ、この作品が目に入りました。とても素敵なお話で、あっという間に引き込まれて、一気に読んでしまいました。
 郵便受けに自分宛ての手紙が入っていると、とても嬉しい気持ちになります。そして、ワクワクしながら封筒を開きます。小学校で転校したとき、前の学校の友人と文通していたことを思い出しました。学校から帰ると、真っ先に郵便受けを覗いていたことを懐かしく思います。
 レターセットを見るのは楽しいけれど、手紙を書くことは少ないです。私は来未のように美しい字は書けないので気が引けるような気もするのですが、また誰かに手紙を書きたいなと思いました。心のこもった手紙は宝物になりますよね。
 読んでるあいだじゅうずっとキュンキュンしたり、手紙のやり取りにドキドキしたり、すれ違う思いに切ない気持ちになったり、淡い思いに、通じ合った心に頬が緩んだり。心動かす素敵な作品をありがとうございました!!

2017/06/11 12:12

初めまして。

普段友達に手紙を書くことのない私は、この作品を読んで手紙の良さを改めて感じました。

姿が見えないからこそ文章や文字に気を使い、自分の気持ちが相手に伝わるように書く。作中の2人がそうして文通をしているのが少し羨ましくなり、私も友達に手紙を送ろうかと考えてしまいました(笑)

素敵な作品をありがとうございました。

2017/06/11 06:27

この作品のひとこと感想

すべての感想数:55

この作品をシェア

この作品を見ている人にオススメ

読み込み中…

pagetop