ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月12日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 入学式
    • 教室
    • 告白

    今日は高校の入学式。
    友達が出来るか不安だ・・・・。

    早速ぼっちになってしまったらどうしよう。

    まあでも、焦らずに。
    よく思い返してみたら私、中学生と小学生の時友達いなかったし。

    なんかよくわからないけど、私のあだ名『わくわくさん』だったし。

    まあどうでもいいけど。

    「ねぇ、俺と付き合ってよ」

    んだ?このイケメンめ。
    突然私の前に現れやがって。

    「は?って、お前誰?」

    「初対面の人間に向かって『お前』はないだろ?お前、誰に向かって口聞いてんだ?」

    コイツ馬鹿?
    ってかなんなの?

    「なんですか?私になにか用ですか?」

    「いや、特に。『友達になってくれねぇーかな?』って。いや、『友達が無理ならお前の彼氏にでもなってやろうかな?』って」

    彼氏?
    きも。

    「私に話しかけてくるな。どっか行け」

    「へーい・・・」

    言い過ぎたかな?
    まあどうでもいいけど。

    ってか服返せ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 頭ぽんぽん

    「田代くん、おまたせ!」
    「ん、おう」

     私たちは付き合ってるわけではない。でも、偶然図書室で会ってからなぜか毎日こうして待ち合わせて一緒に帰っている。
     他にも何人か人はいるけど、私たちはちょうど本棚の陰になるところのイスによく座ってるからあまり気にならない。

    「じゃ、帰ろっか」
    「あー…待って」
    「え?」

     図書室を出ようとした私の手を、田代くんが遠慮がちにつかんで引き留める。
     少し骨ばった大きな手に、ちょっとだけドキンとした。

    「なぁ、俺、ちょっとは意識してもらえてたりする?」
    「へっ…」

    「…気になってもないやつと、毎日一緒に帰るなんてないだろ」

     そう言われ固まっていると、繋いでいた手がほどかれ、頭を撫でられる。

    「まずはこれだけ。これから俺のこと、好きになって」

     顔を真っ赤に染めて、それでも私の目を見つめながら彼はそう言った。

     …心臓の音が、うるさい。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 胸キュン

    「疲れた…」
    委員会の仕事がやっと終わり、靴箱に向かう。
    「あれ…修斗…?」
    疲れきった私の目には、靴箱にもたれ掛かっている同級生の姿が映る。
    「おー……」
    「どうしたの?こんな遅くまで」
    「……晴也待ってた」
    もごもごと話す。
    「晴也、今日休みじゃん」
    「あ、あーそうだっけ………?」
    修斗の目が泳ぐ。
    大丈夫だろうか。
    「…ついでに送ってってやるよ」
    「え、ありがと」
    偉そうだな~とは思うが、ツンデレなのだろうか。

    「あー、じゃあな」
    そう言って、修斗は私の家の前で手を振った。
    「うん、ありがと」
    「…ん」
    修斗は来た道を帰る。
    もしかして…
    「修斗!」
    「何」
    「もしかして家遠いのに、送ってくれた?」
    「…こ、この辺のコンビニに寄るついでだから。」
    なんと照れ屋なんだろう。
    「笑うなよ…」
    「だって笑」

    「悪いかよ」
    「好きな奴と待ってまで一緒にいたいと思うの」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

恋する想いを文字にのせて… (森沢結羽/著)

読んで頂き、ありがとうございます。

感想を頂けると嬉しいです。(^ ^)

  • こんにちは!
    はじめまして…『恋する想いを…』を読んで即投稿してしまいました。
    一通目から始まり文通が始まって、終わりはこうかな?って思いながら読み進めていくと予想とは全く違ったものでした。
    あまりベリーズカフェさんにはあまり見ない内容で、でも自分にはすごく心に響く内容でした。
    ステキな大人の恋のお話でした(47才のオバチャンですが…すみません😢)。
    このあと引続き森沢様の作品を読む予定です😊

    およねこぶーにゃん   2019/09/24 16:32

    およねこぶーにゃん様
    初めまして。書き込みありがとうございます。
    『恋する想いを…』を読んで即投稿して下さるなんて感激です!😂
    予想とは違う結末とも言って頂き、とても嬉しく思っています。
    引き続き私の作品を読んで下さるんですか!?😵
    嬉し過ぎて小躍りしてしまいそうです!
    また良ければ感想寄せて下さい。お待ちしております。☺️

    作者からの返信 2019/09/24 22:30

  •  こんにちは。お久しぶりです。以前に『どこかにトモダチ転がってませんか?』でいろいろ話を聞いていただいたナキムシです。今は、名前を変えてしまいましたが……。
     高校3年生になり、野いちごを開く時間も取れていなかったのですが、今朝ふと思い立って開いてみたところ、この作品が目に入りました。とても素敵なお話で、あっという間に引き込まれて、一気に読んでしまいました。
     郵便受けに自分宛ての手紙が入っていると、とても嬉しい気持ちになります。そして、ワクワクしながら封筒を開きます。小学校で転校したとき、前の学校の友人と文通していたことを思い出しました。学校から帰ると、真っ先に郵便受けを覗いていたことを懐かしく思います。
     レターセットを見るのは楽しいけれど、手紙を書くことは少ないです。私は来未のように美しい字は書けないので気が引けるような気もするのですが、また誰かに手紙を書きたいなと思いました。心のこもった手紙は宝物になりますよね。
     読んでるあいだじゅうずっとキュンキュンしたり、手紙のやり取りにドキドキしたり、すれ違う思いに切ない気持ちになったり、淡い思いに、通じ合った心に頬が緩んだり。心動かす素敵な作品をありがとうございました!!

    霜月 迷   2017/06/11 12:12

    霜月迷 様

    懐かしいですね。お元気そうで嬉しいです。
    ナキムシさんから名前を変えていらしたこと知っています。
    私もこの間「ピエロ」という作品を思い出して読んだんですよ。
    何だかヒヤヒヤしたりゾッとしたり「ああっ…ダメ!」と思ったりしながらあっという間に読み終えた後、暫く不思議な感情が残ってました。

    霜月さんも高三ですか…。一番楽しくもあり大変な時期ですよね。
    その時期にこの話を読む時間を割いて下さったこと、嬉しく思います。
    大分前に書いた作品の感想ノートに別の書き込みがあり、読み返したら誤字を見つけて修正したのが幸いでした。

    私も美文字ではありませんが、手紙って文字を送るのではなく、心を送るものだと思っているので、その心が届けばいいのかな…と思っています。
    この作品を執筆中、お互いの気持ちになって心を届け合いました。それを読み取って頂き、本当にありがとうございました。

    また別の作品で会えることを願っています。
    霜月さんの作品もまた見つけて読みますね。

    作者からの返信 2017/06/11 13:38

  • 初めまして。

    普段友達に手紙を書くことのない私は、この作品を読んで手紙の良さを改めて感じました。

    姿が見えないからこそ文章や文字に気を使い、自分の気持ちが相手に伝わるように書く。作中の2人がそうして文通をしているのが少し羨ましくなり、私も友達に手紙を送ろうかと考えてしまいました(笑)

    素敵な作品をありがとうございました。

    千代イト   2017/06/11 06:27

    かるせ様

    はじめまして。
    お話読んで下さり、ありがとうございます。

    お友達にお便り……きっと喜ばれますよ。
    私の作品を読んでそう思ってくれたなんて、嬉しくてたまりません(泣)
    実は私もこの作品を書き始めた頃、10年以上ぶりに友人に手紙を書いたのです。
    返事の封筒をポストで見つけた時、とても嬉しかった。友人も手紙を見つけた時は嬉しかったと便りの中に書いてました。
    それ以来、今もまだ文通し続けてます。
    楽しいです。オススメですよ。

    本当に書き込みありがとうございました。
    また別の作品で会えますように。

    作者からの返信 2017/06/11 08:33

  • アンナ☆シュガー様

    初めまして。
    感想ノートにコメントをいただき
    ありがとうございました。

    見つけた時は嬉しくてたまらなくて
    思わず目に涙が…


    手紙を書いたりレターセットを集めたりするのは
    私も好きで、文房具コーナーへの立ち寄りは
    毎度のこととなっています


    拙いお話を読んで下さってありがとうございます。

    何処かでまたお見かけしたら読んで下さると嬉しいです。

    森沢結羽   2016/04/14 00:28

  • 私も手紙を書くのが好きで
    レターセットを集めるのも好き。

    たんたんと話が流れ
    静かだけど、彼の熱い気持ちが伝わる…

    二人なら幸せになる!って
    読んでいて感じました。

    佐藤アンナ   2016/04/13 21:34