ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月14日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】

    こんばんは、私は唯です
    えーと今ですね幼なじみの晴寛に手掴まれてどっか連れていかれてます
    「ねぇー、どこ行くの?」
    「おしえねぇー」
    けちだなとか思いながら付いてくと、
    「着いたで」
    「えっ、綺麗クリスマスツリー。これ、見せるために連れてきてくれたの?」
    「あぁ」
    「ありがと」
    スマホでパシャパシャ写真を撮ってると急に晴寛が写ってきたから晴寛の顔どあっぷで撮っちゃった
    「えっえっどーしたの?」
    「クリスマスツリーばっか見すぎ、撮りすぎ」
    「あ、ごめん」
    「鈍感、バカ」
    「なっ、バカとはなによバカとは」
    「おい、」
    「なによ」
    怒ってんだからフン
    「お前今日から俺の彼女な」
    えっ、私が驚いていると
    「だから、俺ゆいのことが好き」
    「///ほ、ほんとに?」
    「あぁ、すげー好き」
    「あのね、私も晴寛が好きだよ////」
    「マジか」
    そして、私たちはクリスマスツリーを後ろに抱き合い、甘いキスをした

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】

    「今年はクリスマス一人かぁ。って毎年だけど」
    私には幼なじみが居るが毎年、毎年モテている。今日も誰か女の子といるはずだ。
    「昔は一緒にクリスマスしてたのになぁ」
    「今年もぼっちクリスマスか?」

    「エッ!?」
    「なんて顔してんだ。幽霊でも俺の後ろにでもいたか?」
    「いや、なんであんたいるの?女の子といるんじゃ???」
    「誰もアイツらと過ごすと入ってないだろう。誘われはしたが……」
    「何しに来たのよ!」
    「今年はお前と過ごしてあげようと思ってな」
    「そんなの頼んでないんだけど」
    「いいじゃん。毎年ぼっちクリスマスなんだからさ」
    「余計なお世話よ。だって好きなやつは取られるんだもん」
    聞こえてないだろうと思い囁いた。
    「好きなやつって誰だよ」
    「好きなやついるとか聞いてねーし。それなら早く言っとくんだった」
    その顔は真っ赤だった。
    「アンタには教えてあげな〜い」
    今年は楽しく過ごせそうだ。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】
    • 後ろからギュッ

    私、菜月(なつき)は幼馴染の和弥(かずや)

    に突然連れ出されています。

    「和弥〜どこ行くの?」

    「もうちょっとで着く。」

    質問と答えが噛み合ってないような……

    「ほら、着いたよ。」

    「え?ここって……」

    そう言った次の瞬間……

    「わぁ〜!!すごいっ!!」

    目の前には、キラキラ輝くとても大きな

    クリスマスツリーが。

    「すごいっ!!すっごく綺麗!!」

    と、ずっと写真を撮っていると……

    ギュッ

    「えっ!?和弥!?」

    私を後ろから抱きしめている和弥。

    「クリスマスツリーばっかり見てないで、

    俺を見てよ。」

    「/////うん。ごめんね。」

    「なぁ、菜月。お前が好きだ。

    ずっと、菜月だけを見てきた。

    俺と付き合ってくれないか?」

    「はいっ!私も和弥の事、大好きなの!!

    これからよろしくね!!」

    この時の2人はクリスマスツリーの事など

    頭にない……

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

【完】籠球ロマンティック (愁檎/著)

青春バスケ小説二作目

  • Dear)葛木一茶様

    本当にありがとうございましたm(__)m
    しかも、再度温かな感想を頂けて嬉しいです!

    普段は逆ハーなんかも結構書いているのですが、やはり大好きなバスケを書くにあたって、それをただの設定に終わらせたら今回大賞のテーマにあたる『泣ける』作品にはならないんじゃないかと思い、力を込めてみました

    ありがとうございます
    私もまたお邪魔しに行きます

    愁檎   2014/10/17 09:26

  • 愁檎さま、こんばんは(^O^)/

    真剣に、そして熱く書かれた作品でしたので、私も真剣に読ませて頂く事が出来ました。

    ハーレムや逆ハーレムを悪く言う訳ではありませんが、願望をくすぐる話とは一線を画す作品でした。

    この作品に巡り合わせて頂き、本当に有難うございました。

    葛木一茶   2014/10/16 22:11

  • レビュー御礼
    Dear)葛木一茶様

    読破と素敵なレビューありがとうございましたm(__)m

    バスケに関して詳しくなくても楽しんで頂けるよう執筆したので、本当に凄く嬉しかったです!

    スカッとする理由も、執筆するにあたってとても気にしていた部分だったので良く読み込んで下さってるんだな…とうるっときてしまいました(>_<)

    レビュー、何度も読み返しています、宝物です!
    ありがとうございました

    愁檎   2014/10/16 18:51

  • Dear)葛木一茶様

    こちらこそ再度ありがとうございますm(__)m

    やはり詳しくない方にとってみれば描写は少ないのかな、と反省するところがあります(´`:)

    書きすぎてしまうと説明文になるし、スポーツを扱うのは難しいですよね

    葛木さんの作品も昨日から読み進めてます。
    ある程度読みましたら感想ノートにお邪魔いたします!
    スポーツ観戦好きで、キックボクシングは何度か行ったことがあるので、楽しみにしております!

    ありがとうございます!
    お互い頑張りましょうね♪

    愁檎   2014/10/10 17:57

  • 愁檎様。返信有難うございます。

     スカッとする理由は、後程書かせて頂く予定です(あまり期待はしないで下さいね(汗))。

     正直バスケットシーンは、私自身バスケットがあまり分からず、雰囲気だけ感じて読んでいました。

     技の動きの描写が欲しいと思う反面、同じマイナースポーツを書いている者として、その難しさも私なりに分かっているつもりです。

     何も分からない方が理解出来るように書くと、説明文が増えて、物語の流れも悪くなりますからね。

     参考になる事が書けずすみません。でも、楽しく読ませて頂いてます。

     お互いスポーツを書く者として頑張りましょう。

     では失礼します(^O^)/

    葛木一茶   2014/10/09 20:17