ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年07月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • お昼休み
    • 屋上
    • 告白

    逃げた。
    校内で可愛いと噂される女子が友人を引き連れて突然公開告白を始めたのだ。相手は私の幼なじみで、好きな人。私は半分残ったメロンパンを袋に突っ込んで教室を飛び出た。
    「…ふんだ。鼻伸ばしちゃってさ」
    「誰が鼻伸ばしてんだよ」
    「ぶッ!?」
    耳元で聞こえた声に思わず仰け反る。彼の手が咄嗟に私の腕を引いてくれて地面に倒れることはなかった。
    「な、何でここにいるの?」
    「誰かさんが拗ねて逃げやがったから追いかけてきたんだろ」
    「別に拗ねてない!」
    「誰もお前のこと言ってねーし」
    なんで…?何で私のこと追いかけてきたの?告白はどうなったの?あの子と、付き合うの?
    「…なぁ」
    「え…?んっ」
    視界に彼の長いまつ毛が間近に映る。唇にかぶさる柔らかい感触に思考が停止した。
    「…こういうことだから、お前が拗ねる必要なし。分かったな」
    「…わ、」
    「あ?」
    「私拗ねてないってば!」
    「そこかよ」

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • お昼休み
    • 屋上
    • 告白

    お昼休み。


    「青空が気持ちいい〜!!」


    本来、立ち入り禁止の屋上で大の字になってみた


    のだが・・・・・・・


    「___くんのことが好きです!付き合ってください!!」


    現在告白現場に居合わせてしまった私です!

    や、やばい・・・・

    「気持ちは嬉しいけど僕、好きな人いるんだよね。
    だから、ごめん。」

    あ、れ?この声・・・・





    あの子が立ち去ってから何分だったんだろう・・・


    「で?何時までそこいんの?葩」

    「け、恵圭くん・・・っ」

    落ち込む私に深いため息をついた恵圭くん。







    「俺が好きなのは葩だけだから、安心しろよ」





    突然な恵圭くんのデレに


    私の顔が真っ赤になるのが分かった


    だから・・・






    「何あれ、かっわいいっ・・・!」
    恵圭くんが悶えてる事に知らなかった

    開く閉じる

    • クール男子2【お題】
    • 放課後
    • 教室

    自分(ガサゴソ…(カバンに荷物を入れている))





    ~隣のクラスの拓也(彼氏)が教室に入ってくる~


    拓也「まーだ準備してたの?」
    自分「女の子は準備に時間がかかるんですぅー」











    拓也「早くしろよー」
      「…じゃないと二人でいる時間が減るだろ(小声)」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「誕生日」の作品一覧・人気順
キーワード 誕生日
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
292件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す