ケータイ小説 野いちご

君が泣いたら、俺が守ってあげるから。



「足元に気をつけるんだぞ。滑って転ばないように」



お父さんが、新聞から目を離して顔をあげた。



「うん──」


「お父さんっ……!」



あたしが返事をしかけると、お母さんが慌てたように口を挟んだ。


瞬間、お父さんがなにかを思い出したように目を見開く。



「あ、ごめん……!」



……今日はあたしの高校受験の日。

滑るとか転ぶって、受験生にはふつう禁句だよね。



「大丈夫だよ。そういうの気にしないもん」



必死で謝るお父さんに、あたしは笑顔で言った。


受かるときは受かるし、落ちるときは落ちるんだから。


< 2/ 473 >