ケータイ小説 野いちご

それはきっと、君に恋をする奇跡。



そのままあたし達は駅に向かった。


水瀬くんの家は、あたしとは反対方向みたい。


水瀬くんの乗る電車が先にホームに入って来たから、あたしが見送る形になった。



「今日はどうもありがとう」


「おう!いつでも誘ってくれ。明日でもいいよ」


「あはは、ありがとう」



明日、なんて。


それは絶対にないけど。


また水瀬くんと遊べたらいいなって思ったのはほんと。


こうしてる今でもチラチラ、感じる視線が気になって仕方ないんだけどね。


こういうのって慣れるのかな。


水瀬くん本人は全く気になってないみたいだけど。


あ、その前に彼女がいるのかちゃんと確認しとかないとね。



「陽菜も気をつけて帰れよ!」



閉まったドアの向こう。


あたしは手を振る水瀬くんが見えなくなるまで、その姿を目で追っていた。

< 97/ 392 >