ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年12月16日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • クリスマス4【お題】
    • 体育館
    • 後ろからギュッ

    キュッ。トン、トン。

    シューズが床に擦れる音、ボールをドリブル

    する音が体育館に響く。

    彼は1人練習をしていた。

    「琉先輩、まだいたんですか?」

    「大会近いからな。」

    琉先輩はバスケ部のエースでみんなの憧れの

    的。私もその1人なんだけど。

    「もえ、クリスマス予定あんの?」

    明日はクリスマス。彼氏なんかいたことない

    私は今年もクリぼっち。

    「残念ながらないです…」

    「じゃあ、俺とデートする?」

    え。え。。。私、今誘われた?

    「私といいんですか…?」

    頷く先輩の頬はほんのり染まっているように

    見えた。

    「ありがとうございます!明日楽しみにして

    ますね!練習頑張ってください!」

    挨拶をして背を向けると…。

    ぎゅっ。

    「明日もえに最高のプレゼントやるよ。もら

    ってくれる?」

    私、期待していいのかな…?

    先輩の腕に包まれて、明日に期待を寄せる。

    開く閉じる

    • 幼なじみ

    ああああああ

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • クリスマス4【お題】
    • 帰り道
    • 寸止め

    私の幼馴染は可愛くて優しい兄でもあり弟でもある存在。
    校内で人気のある彼が彼女を作らないのは、私の存在が邪魔をしているのかもしれない。

    「クリスマスに私なんかと帰ってたら、余計に勘違いされるよ? そろそろ一緒にいるのやめた方がいいかな」

    「なんでそんな事言うの?」

    声は笑っているけど目が笑ってない。

    「私が近くにいすぎて、女子たちが踏み込めないって聞いて……」

    「それって、俺の事好きじゃないんじゃない? 好きだったら、幼馴染とか関係ないでしょ 」

    そう軽く笑う彼の横顔は、薄暗い闇に浮かぶ宝石に照らさらて、いつもよりカッコよく見えた。

    「幼馴染やめたいならやめればいいよ 」

    「そこまで言ってな……!」

    突然グイッと引き寄せられ、唇が触れる寸前まで顔が近付く。

    「これからは、俺のこと男として見て欲しい 」

    そう囁く彼の白い吐息が広がって、私の知らない鼓動を高鳴らせた。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

感想ノート

それはきっと、君に恋をする奇跡。 (ゆいっと/著)

読んでくださり、ありがとうございました*

  • あまり泣かない私も感動して泣きました😭
    私も陽菜ちゃんは裏切られたのかと勘違いしてたけどその裏切りの中には想いが詰まってるんだなと感じました🤧
    もう途中から涙止まらなくて…しかも鼻水たらたらで😅もうこれは私の中でいい思い出になりました!陽菜ちゃんの心情で感動して、蒼の心情はもっと感動しました🤧
    『悔しさ辛さ悲しさ憎しみさ』の所ではもう泣き泣きでした😭こういう経験はないけど、人が死ぬって悲しいことだからニュースで『少なくとも10人が無くなる被害が起きました』とか少なくともって全然少なくないのに…って思っちゃいます😣人の命は尊いからこそ大切にする事が大事なんですよね😊
    この小説で学んだことです😌
    この小説は私の中でしっかり焼き付けます!
    辛いことがあってもハルくんが言ってた『前に進む』
    を思い出して前に進みたいなと思いました😊
    これは恋愛というより命の大切さが身に染みて分かる物語でした😚
    また見に来ます!蒼にハルくんが送ったメールも友情がこもっていてとても泣きました😢
    ハルくんが出会ってくれてありがとうって言ってたのには大感動しました😭遥輝くんが真っ直ぐでいい子なのが分かりました😊
    蒼の心情の時、蒼が友達思いで優しい子なのがよく分かりました😊
    陽菜ちゃんの心情の時、陽菜ちゃんがどれだけハルくんとの約束を大切にしていたのかが分かりました😊
    つまり登場人物一人一人がいい人だったんですね😚

    感動作品出会ってくれてありがとう😊

    ぽなな   2019/08/23 10:40

  • 年甲斐もなく凄く泣いてしまいました😭
    ハル君も蒼くんも自分に正直で心暖まる人たちでうちの息子もそんな人になってほしいなぁって思います。陽菜ちゃんも自分に正直で素直な女の子で自分の学生時代を思い出してしまいました😊私は女子校だったから陽菜ちゃんのような経験はできなかったけど😅でもこの作品に出会えて本当に良かったです🙇‍♂️ありがとうございます。これからもいい作品楽しみにしてます。😊

    いくりんりん   2019/07/27 18:45

  • すごくすごく感動しました😭😭私、名前が陽菜なので、すごくすごく引き込まれて、しゃくりあげながら読んでしまいました😭😭
    素敵なお話を綴ってくださりありがとうございました☺️☺️☺️☺️

    ひなんつぇる   2019/07/12 15:28

  • すごく、すごく心に残るお話でした。
    たくさん泣きました。
    感動しました。
    こんな素晴らしい作品に出会えて幸せです。
    ありがとうございます

    ミア620   2019/06/08 21:54

  • ハルくんの強さにすごくすごくすごく感動しました。
    蒼との強い絆は本当に永遠だと思います(T0T)
    陽菜への二人の想いは読んでいて切なくなる所ばかりでした。こんなに想われている陽菜は本当に幸せだったと思います、、、
    最後は幸せに終われて嬉しかったです。でもハルくんのことを考えると胸がやっぱり痛い😭
    もう3人の気持ち全てに共感できて、こんなにも読み終わって暖かいような切ないような不思議な気持ちにさせてくれた小説は初めてです。

    このような素晴らしい作品に巡りあえてとても嬉しかったです。これからも応援しています✨
    本当にありがとうございました。

    *なっち*   2019/04/30 18:09