ケータイ小説 野いちご

【完】お前だけは無理。



和君はきっと、もうこの頃から全てを察して、一人狂い始めた歯車を直そうと踠いていたんだね。



ーーーーー…




「…っ…!」



…ゆ、め…?



目が覚めると、部屋の天井が視界に入る。


紛れもなく自分の家で、時計を見ると時刻は朝の3時だった。


早く起き過ぎちゃったな…。


そうは思うものの、先程の夢が頭から離れず眠れそうにない。


私は悪夢に頭を抑えながら、頰に一筋の雫が伝うのを感じた。





「おはよー雪!」


「おはよう楓ちゃん!」



教室に入ると、すでに登校していた楓ちゃんと瞳ちゃんの姿。

< 155/ 470 >