ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

至上最強の総長は私を愛しすぎている。~DARK NIGHT~ Ⅱ

若菜に言ったことは本心だけど。


反省することも多かった。


あたがし言ったことは、お姉ちゃんがあたしに言ったことと同じだったと……。


『こんなところに居ちゃいけないと』言ったお姉ちゃんに、『悪い人たちじゃないから、ここに居たい』と訴えたあたし。


『テルさんが好き』という若菜に、テルさんがヤクザという理由で『賛成できない』と言ったあたし……。


今回の場合は、若菜はテルさんがヤクザだと知らないわけで。


頭ごなしに反対しているとしか思えないはず。


若菜の気持ちを1番理解してあげられるのは、あたしなのに……。


そんな言葉で、若菜を説得できないことくらい、あたしが1番わかっているのに……。

< 284/ 815 >